準備薬_2018911

9/10(月) 経口腸管洗浄剤ピコプレップ

By admin, 2018年9月11日

半年ぶりの更新になってしまいました。
この半年に母の緊急入院、手術。
術後に色々ありまして心臓が壊れそうな緊張感の日々を過ごしました。
母も現在は落ちついて日常生活を取り戻しつつあります。
脳梗塞の父は安定しているので現状維持で見守っています。
こんな状況で内視鏡検査が不安ではありましたが、行ってまいりました。

潰瘍性大腸炎の症状としては可もなく不可もなく過ごしています。
食事も今までとおり、香辛料は避けて和食中心です。
毎日飲み続けたR-1が身体に合ったようで、排便回数も2日に1回ですがいい便通がみられました。
粘液も下血もなく、疲れが溜まると軽い腹痛がありましたが酷い再燃はありませんでした。

今年は経口腸管洗浄剤、ピコプレップを先生に勧められ使ってみました。
土曜日の夜9時にプルゼントを3錠。
金曜日の夜7時からピコプレップ150ml.を飲み、2時間かけて1250ml.の麦茶を飲み、最後にラキソベロン1本を200ml.の水で溶かして飲み切ります。
当日月曜日は寝起きに200ml.以上の麦茶を飲みます
朝7時からピコプレップ150ml.を飲み、また麦茶を750ml.を1時間で飲み切り、便が透明になるまで20分で250ml.の繰り返しです。
便が透明になったらガスコン2錠を飲みます。

当日より前日の夕飯後の1250ml.を飲む方が私は辛かったです。
夕飯後1時間なので早い夕飯で消化の良い物ということからお粥とたまごをしっかり食べました。
その後の水分はあなりお腹が苦しくなりました。
排便がなくて心配のまま入浴を済ませて就寝しました。
明け方3時に便意があり、4時まで3回お手洗いに通いました。
これが辛くて朝も眠かったです。

当日は例年のように胃がいっぱいで苦しい状況にはならず、便も数年ぶりに綺麗な状態になりました。
ピコプレップは粉で、水を入れると炭酸がジュワーって出てきて温かくなります。
冷たい物よりは飲みやすいけれど、炭酸を飲みなれていないので胃が膨張した感じでした。
飲み物も水ではなく色のついた水という事で麦茶が可だったことも楽な要因の一つでした。

腸内が綺麗に洗浄できると、内視鏡も少し楽になるので今回は例年の苦しみは少し和らぎました。
来年の検査もピコプレップの方がいいかもしれないと思います。

にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村

What do you think?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です