7/22(火) 昼外食 お腹少し緩め 皮膚科

By admin, 2014年7月22日

image
朝 スムージー(小松菜 バナナ リンゴ トマト)
昼外食 トースト 紅茶
夕飯 玄米 じゃが芋と玉ねぎの煮物 スープ(エビ団子 白菜 人参 大根 シメジ 椎茸) 枝豆

今日のお腹:
一日、少しづつのお通じが数回ありました。
午前中、午後、夕方と6回近く、酷い下痢はないものの少量の便でした。
お腹が張ったり、痛くなることはありませんでした。
前回素麺を食べた時もお腹が緩くなったので、やはり素麺は少しお腹にはきついのかも・・・。

お昼は喫茶店。
トーストはバターを半分にして食べました。
コーヒーはまだ我慢・・・紅茶を飲みました。
image

夕飯は簡単・・・。
夕方、ちょっと疲れてしまい晩ご飯は予定を変更しました。
じゃが芋と玉ねぎは醤油と酒、砂糖で少し濃いめの味付けにしました。
スープは無添加の中華出汁を使いました。
動物性の材料を使っていないものです。
椎茸とシメジは少し食べました。
具たくさんのスープで、お腹がいっぱいになってしまいました。

午後、皮膚科に行ってきました。
先週から行き始めた皮膚科。
アレロックよりもクラリチンの方がいいと言われて1週間飲みました。
一日中あった眠気はなくなりました。
ちょっと困ったことに、明け方に目が覚めるようになってしまい、寝不足気味で夕方になると頭痛・・・。
それは習慣だから大丈夫でしょうと言われました・・・(笑)

今日は増血剤を飲む日でもあったので、軽い貧血の状態もあり余計に立ちくらみもあったのだと思います。

今の皮膚科の先生はアレロックは便秘になることがあるので、潰瘍性大腸炎のような消化器系の疾患の患者は飲まない方がいいという考えです。
以前の先生がどうという訳ではないのですが、薬の飲み合わせの難しさを痛感しました。
とてもいい先生で、親身になって下さったので、複雑な気持ちです。

でも、眠気も弱まり、ここ数日はお腹が緩めという状態を思うと、アレロックが便が硬くなった原因だったのかもしれないと思ってしまいます。
麻子丸料を寝る前に飲まないで済めば、身体の負担も軽くなり一石二鳥。
明日は漢方内科を受診なので、アレロックとクラリチンも含めて相談してこようと思います。

皮膚科の先生の話を主体で考えると、ここ数日の緩いお腹はアレロックの便を硬くする作用がないのに麻子丸量を飲んだので緩い便になったと言う事になります。
今日は増血剤を飲んだので、明日のお通じは緩めになるはずなので、麻子丸料は飲みません。

にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村

What do you think?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です