1/28(火) 昼外食 お腹診察日 治療院

By admin, 2014年1月28日

image
朝 スムージー(小松菜 バナナ リンゴ グレープフルーツ)
昼外食 トースト 紅茶
夕飯 鍋(鱈 蟹 ホタテ ネギ 白菜 大根 人参 トマト トマトジュース) ちくわぶの醤油煮 べッたら漬け

今日のお腹:
朝一番で肛門科を受診してきました。
先週下痢が続いたので、念のため直腸鏡をしてもらいました。
直腸は綺麗で、炎症の兆しも見られませんでした。
粘液も見当たらず、下痢は他の要因だったようです。
坐剤を使っていると、粘液と区別がつきにくくて判断しにくいです。

診察をしてもらって、綺麗な画像を見て安心しました。

左側の痛みは、おそらく酷い炎症を起こした所が疼くのと、下痢をすると痛くなる場所だと言われました。
また下痢をした時の為に、下痢止めを処方してくれました。

アドソルビン原末 0.667 1日3回
アサコール錠400mg 1回3錠 3回
ペンタサ坐剤1g 就寝前

アドソルビン原末は、下痢をした時だけでいいそうです。
1回で止まったら、また下痢をするまで飲まないでいいそうです。
胃や腸の有害物質や水分を吸着し、腸壁を覆って刺激を和らげる働きがある薬です。

そのまま治療院に行きました。
見た目は綺麗な直腸でも、まだ東洋医学的には不安定な骨格だそうです。
腰の硬さが異常に硬く、この硬さが取れないとすぐに再燃するでしょうと言われました。
それでも、再燃時に比べればいい状態になってきているそうです。

お昼はいつもの喫茶店でトースト。
image
左側がジンジン痛むので紅茶にしました。

夕飯は今日も鍋。
トマト鍋にしました。
出汁で野菜が柔らかくなるまで煮て、食べる直前にトマトジュースと塩で味の調節をしました。
隠し味に醤油麹を入れてみたら、コクが出て美味しくなりました。

お通じはなかったけれど、ガスがよく出た一日でした。
お腹の痛みは少し。
でも、粘液もなく綺麗な直腸と解ったらお腹の痛みも気にならなくなりました。
ゲンキンなものです・・・(^^;)

にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村

What do you think?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です