12/17(火) 昼外食 調子良さそう

By admin, 2013年12月17日

image

朝 スムージー(ホウレン草 バナナ みかん)
昼外食 トースト 紅茶
夕飯 玄米 紅鮭の西京漬け アボカドとブロッコリーのポテトサラダ 蒸しキャベツとタマゴ 蓮根のきんぴら ちくわぶ 味噌汁(ネギ 白菜 大根 人参) べったら漬け

今日のお腹:
昨夜は坐剤をしませんでした。
午前中にあったお通じは久しぶりにいい調子でした。
坐剤をしない方が調子が良くなってきた・・・と感じてしまいました。
もしかしたら、緩解期になっていて坐剤をすると薬が強すぎるのではないか・・・そう思えるほど調子がいいお腹です。

食事もかなり注意して、食べる量を抑えているのでそれも影響しているのかもしれません。
出来るだけ水分を摂って、つまみ食いしていた飴やガムもピタリと食べなくなりました。
無理をしている訳ではなくて、貧血の症状が治まってきたら要らなくなったのです。
お腹の調子も貧血と影響があるのかみしれないし、飴やガムに入っている増粘多糖剤も摂らなくなった。
きっと、小さな積み重ねがお腹にいい影響が出てきたのかもしれないと思っています。

お正月だけはいい調子で迎えたい・・・というより、年末の大掃除とおせち作りをいい状態で迎えないと疲れてしまうので、
頑張ろうモードにスイッチがやっと入ったのかもしれないです(^^;)

お昼は喫茶店でトースト。
image

バターは半分、ブルーベリージャムを付けてたべました。
今日はコーヒーは飲まずに紅茶にしました。

夕飯は頂いた西京漬けと昨日の残りのみそ汁。
サラダは惣菜です。
無性にアボカドが食べたくなって、1つ買うと余ってしまうので出来あいのサラダを買ってきました。
キャベツとたまごにはマヨネーズとソースを少しかけて食べました。
鮭は半分食べました。
ちくわぶは1つ。甘く煮たお弁当の残りです。
今日はキャベツと味噌汁の具でお腹がいっぱいになってしまい、玄米は半分しか食べられませんでした。

今日は一日お腹も痛くならず、便意も頻繁になく落ち着いていました。
始めて潰瘍性大腸炎と診断された時は、下血と腹痛が止まらないまま1年ほど過ごした記憶があります。
その頃の事を思うと、ずいぶん再燃期と上手く付き合えるようになったなぁ~と思います。

にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村

What do you think?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です