保険を考えた・・・1

By admin, 2011年12月24日

なぜ、いきなり保険?
この夏、母が長期の入院をして治療費よりもベッド代や備品代の費用に驚いた。
そんな理由から話を聞いてみたくなった。
せっかくの機会なので、数社に問い合わせてみた。

12月9日 保険マンモスという所のフィナンシャルプランナーに初めて話を聞いた。
まずは自己紹介をして世間話。
世間話をしながら、家庭環境や生活プランといった保険と何の関係があるんだろ・・・と言った話。
同居しているので、大まかな両親の財産の話や住居、相続の話まで。
具体的な「この保険がオススメです!」と一言もなく終了。

難病持ちなので簡単に入院保健に入るべきかどうか考えたいと言っていた。
助成金制度やなんらかの補助も考えられるし・・・。
掛け捨ての入院保険は勿体ないかもしれないと言われた。
もし保険を考えるのなら、こういうスタンスのプランナーさんはいいかもと思った。
後日保険マンモスからもメールが来て、売上げよりも家計第一主義で頑張っているそうだ。
半分は宣伝文句としても、実際に数社からのプランナーに話を聞いて一番押し売りしてこなかった。

他の保険会社のプランナーから提案された保険商品は同じものが3商品。
お勧めプランも同じもの・・・。
生涯保険+入院保険で月額12000位で20年。
若いときから加入すれば、月額は低くなる。
どちらも難病指定だと保険は限られると言って、アリコを勧められた。
その場で「この保険がお勧めですよ~」と勧められた。

提案された生涯保険は60歳までに、70万積み立てて100万返ってくる。
入院保険は掛け捨てだけど、いつでも相談できる電話相談室があったり、
セカンドオピニオンの紹介制度がついてくる。
・・・う~ん。病気持ちじゃなきゃ心強い!とかおもうかも?
だいたいがドクターやナースに潰瘍性大腸炎相談しても大体が専門医に行ってくれと言うじゃん。
そんなこんなと、屁理屈つけて考えてみたり、いい話ばっかりシュミレーションしたり・・・

とりあえず今回は見送り。

一つ気をつけよう!って思ったこと。
悪い言い方をすると、
とある一人のプランナーさんの契約に上手く乗せられそうしてになった。

一通り話が済んで、「じゃあここにサインして。今日から保証が出来ますよ!」
すっとぼけて聞いてみた。「ってことは、今日から引き落としが発生するってことですか?」
「そうですよ~」ヤバい!断らなくちゃ!
「主人に相談するように言われてるので・・・」

それでも食い下がる・・・。後からキャンセルできるから、
とりあえず印鑑と必要事項記入してと言ってくる。
ごちゃごちゃも面倒だと思い、保険の契約書にサインと捺印。
引き落とし講座の銀行印は手元にないと言って逃れた。
カードの引き落としも出来ると言われたけど、偶然自分名義のカード持ってない私。

それで助かった~。
カードだったら、すぐ契約始まっちゃうとこだった・・・。
昨日電話があって、断った。
あっさり断れた。
ま、営業タイプってことだね・・・と夫。
ハッキリその場で断ってもいいんでしょうが、なかなか(笑)

実際に大まかに計算してみた。
私の場合は計算してみたら損しそう。
細かく書きたいけど、ウチの家計を公表しちゃうから断念(^^;)

健康保険で補助してくれる費用と、年間掛けていく保険料。
入院しないかもしれないし、難病指定認定があれば医療費は少し補助あり。
おそらく、保険料の方が高くつくかな・・・。
その分、自分の治療費を自分で積み立ててく方がいいかもと結論。

興味がある方はフィナンシャルプランナーに合う前に、
資料を取り寄せて目を通してからがいいと思います。
フィナンシャルプランナーによって、調べ方も違うようなので一人に決めないで
数人に合って比較することをお勧めします。
高い買い物になるので、ノリのいい人よりしっかり調べてくれる人じゃないと不安です。
その場で契約しようとする人もいるから、くれぐれもご注意を!

自分はともかく、主人については考えてみようというのが結論かも。



にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村

What do you think?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です